· 

不動産登記を依頼すると費用はどのくらいかかりますか?

ご機嫌よくお過ごしですか。横田司法書士事務所の横田です。

当事務所ではお客様のお悩みを伺っただけで、費用を請求することはございません。

どうぞ、お気軽にお尋ねください。

登記費用について、ご参考までに概算費用を説明いたします。

登記費用の内訳は、司法書士報酬と登録免許税(国に納める印紙代)に大別されます。

このうち司法書士報酬は概算で5万円、登録免許税は法律で定められた税額がかかります。

他に、正しく登記されているかを確認するために登記事項証明書(1通480円)の取り寄せが必要になります。

登録免許税は土地の相続登記の場合、土地の固定資産評価額に1,000分の4を乗じた額になります。

固定資産評価額が1,000万円の場合、4万円です。(1,000万円 × 4/1,000 = 4万円)

登録免許税は、登記の種類により法律で定められています。

不動産登記はお早めに

不動産登記は、不動産の持ち主を明確にする制度です。

ですから、不動産登記は早めに行うべきです。

遺産相続においては、不動産登記をせずに月日が経ってしまうと、相続人が分からなくなる場合が実際にあります。

詳細は「遺産相続での不動産の名義変更はお早めに!」をご覧ください。

おわりに

不動産登記の費用について簡単に説明いたしました。

気になることがございましたら、どうぞお気軽にご相談ください。

不動産登記は、あなたの権利を守り、公にするための制度です。

不動産登記は不動産の売買代金支払いと同時に!」では、不動産登記の必然性をやさしく説明しています。

横田司法書士事務所は、あなたの立場でご満足いただけるサービスを提案いたします。

お悩みを伺っただけで、費用を請求することはございません。

どうぞ、お気軽にご相談ください。