当事務所の実績事例です。

30数年前にご当主がなくなり、その後遺産分けの話し合いがつかず保留となっていた案件です。30数年の間には、さらになくなる方もいらっしゃって、最初の相続で誰が相続人になるのかも変わってしまいます。

 この場合には、出生から死亡までの相続関係を戸籍謄本を正確に調査することによって、すべての相続について、相続資格のある人は誰かを確定させます。その後は、時系列に沿って相続登記をし、現物分割あるいは不動産を売却することによる代金分割等の遺産分割手続きを完了させます。

借金をした場合に、所有の不動産に担保として設定されるのが抵当権・根抵当権というものです。借金を返し終わった場合には、登記簿の記載を抹消しておくのが賢明ですが、まれに抹消しないままに長年が経っているという場合があります。

抵当権者が会社の場合は、商業登記簿から変遷を調べて、担当者を見つけて交渉すれば何とかなりますが、抵当権者が個人の場合は厄介です。その方が亡くなっていると相続人との交渉になりますし、大体が本人の所在が分からないといった場合が多い。最終的には、裁判を起こして、公示送達、時効援用、抹消判決等を利用してやっとの思いで担保抵当権を消すといったことになります。

 

③一時は非常に相談が多かった消費者金融の過払い金返還の相談。昨今はほとんどありません。そもそも貸出金利上の法定利息が守られていますから、利息の払い過ぎということが起こりません。これは望ましいことで、やっと正常に戻ったということなのでしょう。

 

横田司法書士事務所

川崎市幸区下平間111番地18

 

TEL:044-556-4408

代表/受付時間9~19時)

 

email;shihonet-yokota@nifty.com

 

休業日

日曜祝日

 

対象地域

首都圏近郊:東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県

 

お気軽にご相談ください